日本M&Aセンターホールディングス(2127) 株価 : 今後の推移・予想

本レポートでは、「日本M&Aセンターホールディングス」という企業について、詳しく調べながら企業の株価に関連した情報を深層的に分析します。

推移分析

上記の推移分析ウィジェットは、日本M&Aセンターホールディングスに関する技術インジケーター基盤による株価予想を示します。 株式売買に参考が可能な株価予想をリアルタイムで見せてくれるので有用です。

※ 長くは月別、短くは1分別に株価に対する分析を行います。 投資に関する情報の一部としてのみご参考ください。 株価はテクニカルに関係なく変動する可能性がありますので、盲信しないでください。

※ 推移分析はチャートの移動平均に対する分析なので、事業の有望性と企業の収益性のような基本的な分析は財務を参照してください。

財務要約

上記の財務要約表は、日本M&Aセンターホールディングスの株価と配当に関連する財務表として、当該企業がどのように事業しているのかを要約する情報として、ファンダメンタルズを分析するのに役立ちます。 財務要約表は、下段の財務分析項目とは異なり、該当企業の全体的な現状を要約して把握することができます。

※ 決算月は企業によって異なるが、会計年度を4つに分けた場合の、それぞれの三ヶ月間は「四半期」、それに対して1年間全体の期間は「通期」と呼ばれます。 各財務要約表の項目に関する詳しい情報情報は、その投稿を参照してください。 数字の単位として、Tは「兆」を意味し、Mは「百万」、Kは「千」です。

財務チャート

当該項目では、日本M&Aセンターホールディングスの損益計算書に基づく売上高、営業利益、純利益と貸借対照表に基づく資本関連項目、財務比率をはじめとする配当金項目に関する四半期別チャートと財務表を提供しています。

主要項目

四半期 売上高 営業利益 純利益 EPS

日本M&Aセンターホールディングスの主要な損益計算書を成す四半期別売上高、営業利益、純利益という3つの数値は、会社の健全性と収益性を示す重要な財務指標です。

  • 売上高は、特定の期間内に商品やサービスの販売から得た総収入を表します。企業の規模や成長を示す指標です。
  • 営業利益は、収入から直接的な営業費用を差し引いたもので、企業が日常の運営で得た利益を示します。
  • 純利益は、すべての収入と費用を考慮し、最終的な利益を示すものです。企業の全体的な収益性を示し、株主や投資家に対する実際の利益を反映します。
  • EPSは、株式発行やその他の証券の発行によって株式の数が増えた場合に、株主に計算される利益配分指標です。

これらの数値は、会社の経済的な状態や業績を把握する上で重要であり、経営判断や投資判断に役立ちます。 売上高、営業利益、損利益は百万円が基本単位で、EPSは1円が基本単位です。

売上高項目

四半期 売上高 売上原価 売上総利益

日本M&Aセンターホールディングスの売上高項目を構成している四半期別売上高、売上原価、売上総利益について説明いたします。

  • 売上高は、特定の期間内に商品やサービスの販売から得た総収入を表します。企業の規模や成長を示す指標であり、 売上高は売上原価と売上総利益を合わせた金額です。 株式市場において、売上高の詳細については、その投稿を参照してください。
  • 売上原価は、商品やサービスを作るためにかかる直接的な費用です。原材料や部品のコスト、生産労務費、設備保守費などが含まれます。
  • 売上総利益は、上高から売上原価を差し引いた利益のことです。 企業の収益性を測る指標で、売上高に対するコストの割合を通じて企業の業績を分析する重要な情報となります。

営業利益項目

四半期 売上総利益 販売管理費 その他の営業費用 営業利益

日本M&Aセンターホールディングスの営業利益項目を構成している四半期別売上総利益、販売管理費、その他の営業費用、営業利益について説明いたします。

  • 売上総利益は、上高から売上原価を差し引いた利益のことです。 企業の収益性を測る指標で、売上高に対するコストの割合を通じて企業の業績を分析する重要な情報となります。
  • 販売管理費は、販売活動や事業運営にかかる一般的な経費を指します。具体的には、広告宣伝費、営業担当者の給与、店舗運営費などが含まれます。
  • その他の営業費用は、事業に関連するその他の経費を示します。具体的な内容は事業によって異なりますが、展示会参加費、旅費交通費、広報活動費などが含まれることがあります。
  • 営業利益は、売上総利益から販売管理費や研究開発費を差し引いたもので、企業が日常の運営で得た利益を示します。

純利益項目

四半期 EBITDA 税引き前利益 法人税費用 税引き後利益

日本M&Aセンターホールディングスの純利益項目を構成している四半期別EBITDA、税引前利益、法人税費用、税引後利益について説明いたします。

  • EBITDAは、企業の損益計算書上の純利益に利子費用、税金、減価償却費などの各種費用を追加した指標を示します。 企業の実際の現金創出力を推測する指標として使用されています。
  • 税引前利益は、企業がある期間内に得た総利益を示します。これは、営業活動から得た利益だけでなく、他の収入や費用も考慮されます。税引前利益は、企業の基本的な経済的な健全性を示す重要な指標です。
  • 法人税費用は、企業が法人税として納めるべき税金の金額を指します。税金は企業の収益に対する一部として支払われます。
  • 税引後利益は、税引前利益から法人税費用を差し引いた金額を指します。これは、実際に企業が手元に残る純利益を示すもので、企業の実際の収益性を示す重要な指標です。

資本項目

四半期 総資産 総負債 総資本

日本M&Aセンターホールディングスの資本項目を構成している四半期別総資産、総負債、総資本について説明いたします。

  • 総資産は、企業が保有する負債と資本を含むすべての資産の価値を表し、現金、在庫、不動産などが含まれます。 株式市場において、総資産の詳細については、その投稿を参照してください。
  • 総負債は、企業が持っているすべての負債の総額を意味し、主に企業が保有している貸出、債務などが含まれています。
  • 総資本は、企業の資産から負債を差し引いた残余価値であり、株主に所有される持分を表します。 結論は、総資本は総資産から総負債を差し引いた金額です。

企業価値項目

四半期 EPS BPS SPS

日本M&Aセンターホールディングスの企業価値項目を構成している四半期別EPS(一株当たり純利益)、BPS(一株当たり純資産価値)、SPS(一株当たり売上高)について説明いたします。

  • EPS(一株当たり純利益)は、企業の一株当たりの純利益を示す指標です。この指標を通じて、投資家は企業の経営成果と今後の成長可能性を分析します。
  • BPS(一株当たり純資産価値)は、企業の一株当たりの純資産価値を示す指標です。この指標は、投資家に企業の資産活用能力と安全性を評価するために役立ちます。
  • SPS(一株当たり売上高)は、企業の一株当たりの売上高を示す指標です。この比率は、特に純利益が大きく異なる場合に有用な指標とされ、企業の経営成果と市場評価を評価するために使われます。

利益率項目

四半期 ROA ROE ROI

日本M&Aセンターホールディングスの利益率項目を構成している四半期別ROA(総資産純利益率)、ROE(自己資本利益率)、ROI(投資利益率)について説明いたします。

  • ROAは、企業が保有している総資産に基づいて、どれほど効率的に収益を創出するかを示す指標です。 これは、企業が資産をどのように活用しているかを示し、経営活動の効率性を評価するために使用されます。
  • ROEは、企業の支配株主の資本に対する純利益を表現し、株主にどのような水準の利益を創出しているかを示す指標です。 高いROEは企業の株主価値の増大を示唆し、企業の経営成果と収益性を把握する上で重要な役割を果たします。
  • ROIは、投資の効果を評価するための指標です。この数値は、得られた利益を投資額で割って計算され、通常はパーセンテージ形式で表されます。ROIが高ければ高いほど、投資が効果的であったと評価されます。

財務比率項目

四半期 流動比率 当座比率 負債比率

日本M&Aセンターホールディングスの企業価値項目を構成している四半期別流動比率、当座比率、負債比率について説明いたします。

  • 流動比率は、企業の流動資産(現金および短期資産)を流動負債(1年以内に返済すべき負債)で割った割合で、企業の短期的な支払能力を評価します。
  • 当座比率は、企業の当座資産(現金および現金に類似する資産)を流動負債で割った割合で、短期債券や在庫のような非流動資産が現金に早く転換されない場合を考慮して、支払能力を保守的に評価します。
  • 負債比率は、企業の総負債を総資産で割った割合で、企業の財務リスクを評価する指標です。この数値が高いほど、財務リスクが高くなる可能性があります。

キャッシュフロー

四半期 営業キャッシュフロー 投資キャッシュフロー 財務キャッシュフロー

日本M&Aセンターホールディングスの四半期別キャッシュフロー(Cash Flow)について説明いたします。

  • 営業活動によるキャッシュフローは、企業が本来の営業活動を通じて発生した現金の流入と流出を表し、売上と費用の間の現金変化を評価して企業の運営能力を分析します。
  • 投資活動によるキャッシュフローは、企業が資産を取得または処分するなどの投資活動で発生した現金流入と流出を表し、資産投資決定の効率性と資本活用戦略を評価するために使用されます。
  • 財務活動によるキャッシュフローは、企業が株主との関連した財務活動で発生した現金流入と流出を表し、株式発行、配当支給などが含まれ、企業の資本構造と株主関係を把握するのに役立ちます。

注意事項

本データは常に最新を維持しています。 そのため、ブックマークに登録して頻繁に訪れることをおすすめします。 本レポートが推奨する投資方式は、無理な投資は控えなければならず、投資においては常に慎重でなければなりません。 これについての詳細は、その投稿を参照してください。


タグ :