ソフトバンク(9984)の投資に関するレポート


本レポートでは、「ソフトバンク」のレポートについて、詳しく調べながら深層分析を進めます。


本レポートのデータ基準日 : 2021年 00:00



• ソフトバンクの実績について



ソフトバンクの最近四半期別包括利益計算書です。 売上高、営業利益、純利益に関する資料です。 上記の指標で重要と考えられる指標は当期純利益です。


下段チャートはソフトバンクの2018年第3半期から現在まで半期別ごとに売上高を集計したチャートです。



下段チャートはソフトバンクの2018年第3半期から現在まで四半期別ごとに営業利益を集計したチャートです。



下段チャートはソフトバンクの2018年第3半期から現在まで四半期別ごとに純利益を集計したチャートです。



営業利益の中でこのような費用と税金を納付すると、会社が実際に純粋に残した利益が当期純利益となります。 しかし、当期純利益を算出する基準はいつでも変動することがあり、注意する必要があります。



ソフトバンクの直近四半期別貸借対照表です。 総資産、総負債、総資本に関する資料です。 総資産は総負債と総資本を合わせた指標です。


上記の指標で重要な指標は総資本比負債総額の割合です。 貸借対照表は企業の財務健全性や安定性の把握に必要です。


下段チャートはソフトバンクの2018年第3半期から現在まで四半期別ごとに負債総計を集計したチャートです。



下段チャートはソフトバンクの2018年第3半期から現在まで四半期別ごとに資本総計を集計したチャートです。



下段はソフトバンクの最近のキャッシュフロー指標です。 様々な任意に調整できる純利益指標とは違って、現金の流れの指標は企業の実績を正直に測定が可能な指標です。 


営業CFは、企業の基本的な収益創出に向けて販売された財貨やサービス、買い入れ及び管理活動などで発行されるすべての現金の流出と流入を意味します。


投資CFは、有形資産の処分と購入、金融商品に対する投資及び回収などで発生します。 財務CFは借入金の借り入れや返済、配当金を支払うなどの資本取り引きや他人資本を利用したときに発生します。


• ソフトバンクのビッグデータについて


ビッグデータは企業において顧客サービス、マーケティング、R&D、M&Aなどに至るまで企業経営のあらゆる活動を最適化するのに役立ちます。 同様に、企業の売上高及び株価の分析にも役立てることができます。 


下段のデータは「グーグルトレンド」にて参考とさせていただきました。 トレンドのデータは継続して更新されます。


• ソフトバンクの1位から3位まで主要キーワード綜合


ソフトバンクの実績を牽引する3大重要キーワードは「iPhone、iPad、ロボット分野」です。 綜合トレンドチャートは下段のとおりです。



• ソフトバンクの4位から8位まで主要キーワード綜合


ソフトバンクの実績に相当な影響を及ぼす5大重要キーワードは「アリババ、loT、MaaS、自動運転車、メガソーラー」です。 綜合トレンドチャートは下段のとおりです。 3位と4位の差は相当ですので個別に分類しました。



•「アリババ」の最近1年間トレンドチャート


最近1年間アリババの個別トレンドチャートは下段のとおりです。 ソフトバンクはアリババの持分を保有しています。



•「IoT」の最近1年間トレンドチャート


最近1年間IoTの個別トレンドチャートは下段のとおりです。 IoTはソフトバンクの次世代主力事業分野です。



•「MaaS」の最近1年間トレンドチャート


MaaSはITを活用して交通をクラウド化するものです。 鉄道やバス、タクシー、レンタカーなど従来の交通サービスとカーシェアリング自転車の共有、配車サービス、自動運転などの新交通サービスを統合する概念です。



したがって、スマートフォンアプリで経路検索、予約、決済を実施することで利便性が向上します。 最近1年間MaaSの個別トレンドチャートは下段のとおりです。



•「自動運転車」の最近1年間トレンドチャート


最近1年間自動運転車の個別トレンドチャートは下段のとおりです。 自動運転車分野はソフトバンクのインフラが必要です。



•「メガソーラー」の最近1年間トレンドチャート


最近1年間メガソーラーの個別トレンドチャートは下段のとおりです。 メガソーラーは再生可能エネルギーの基幹電源として期待されている。