阪急阪神ホールディングス(9042) 株価 : 今後の推移・予想

本レポートでは、「阪急阪神ホールディングス」という企業について、詳しく調べながら企業の株価に関連した情報を深層的に分析します。


本レポートのデータ基準日 : 00:00



阪急阪神ホールディングスは主に都市交通事業、不動産事業などの事業を行います。 この会社は6つの事業を運営しています。 事業は、鉄道事業、自動車事業、流通事業、広告事業、その他の事業を行います。



このテクニカル分析ウィジェットは阪急阪神ホールディングスに関する「MultiCharts社」の技術インジケーター基盤による株価予想を示します。 株式売買に参考が可能な株価予想をリアルタイムで見せてくれるのでかなり有用です。 長くは月別、短くは1分別に株価に対する分析を行います。



この株価指数チャートは実際に株価の推移に影響を及ぼす世界の重要な株価指数を選別したチャートです。 株価指数は市場の流れを把握する際に重要です。


下段では企業の四半期別財務諸表に関するデータを可読性に制作しました。 チャート閲覧方式は四半期ごとに最終集計日を基点にデータを算定します。 例えば、2019年第1四半期の実績は、2019年3月分のデータに該当します。


下段チャートは阪急阪神ホールディングスの2020年第3四半期から現在まで四半期別ごとに損益計算書を集計したチャートです。


chart.js


売上高、営業利益、純利益に関する資料です。 上記の指標で重要と考えられる指標は(当期)純利益です。


営業利益の中でこのような費用と税金を納付すると、会社が実際に純粋に残した利益が当期純利益となります。


しかし、当期純利益を算出する基準はいつでも変動することがあり、注意する必要があります。


• 阪急阪神ホールディングスの損益計算書に関する詳細


これより、順次、阪急阪神ホールディングスの「売上高、営業利益、純利益」の個別チャートをご紹介いたします。


下段チャートは阪急阪神ホールディングスの2019年第4四半期から現在まで四半期別ごとに売上高を集計したチャートです。 予想売上高は証券社の予想値です。


chart.js


下段チャートは阪急阪神ホールディングスの2020年第3四半期から現在まで四半期別ごとに営業利益を集計したチャートです。


chart.js


下段チャートは阪急阪神ホールディングスの2020年第3四半期から現在まで四半期別ごとに純利益を集計したチャートです。


chart.js


• 阪急阪神ホールディングスの財務状態


阪急阪神ホールディングスの四半期別貸借対照表です。 総負債、総資本に関する資料です。 重要な指標は総資本比負債総額の割合です。 貸借対照表は企業の財務健全性や安定性の把握に必要です。



損益計算書は主に企業の短期的な株価予想測定に利用され、財務指標は主に長期的な株価予想測定に利用されます。


下段チャートは阪急阪神ホールディングスの2020年第3四半期から現在まで四半期別ごとに資産総計を集計したチャートです。


chart.js


• 阪急阪神ホールディングスの投資指標


阪急阪神ホールディングスの四半期別投資指標です。 1株当たり純利益(EPS)は、企業が1株当たり、どれだけの純利益を出したかを示す指標です。 EPSは企業の成長性を把握する上で重要な指標です。


下段チャートは阪急阪神ホールディングスの2019年第4四半期から現在まで四半期別ごとにEPSを集計したチャートです。


chart.js


本データは常に最新を維持しています。 そのため、ブックマークに登録して頻繁に訪れることをおすすめします。 本レポートが推奨する投資方式は、無理な投資は控えなければならず、投資においては常に慎重でなければなりません。

人気の投稿